スルガ銀行デンタルローン申し込みのメリットとデメリット

「自営業でもデンタルローンは組めるの?」インターネットを見ているとこんな質問を見かけます。

結論から言うと、自営業でも審査に通れば問題ないです。

では、なぜそう勘違いしてしまうのでしょう。

その理由として、デンタルローンなどの用途を限定した融資なので自分の事業のためには利用できないので事業ローンと混同してしまう事があります。

そのほかに審査ポイントとして確認される「安定した収入」が自営業の場合、ばらつきが出てしまう、開業してから数年以内など営業期間が短いと「安定した」と見られにくいこと、一定以上の収入を得ていると審査時に公的証明を求められることがあり面倒に感じることが挙げられます。

加齢とともに気になってくるのが歯の悩みです。

歯が抜けたらどうしたらいいか悩みますよね。

でも、どんな違い、メリットがあるのか知っている人は少ないと思います。

ブリッジとは、抜けた歯があった部分の左右の健康な歯を支柱にして「橋」をかけるように人工の歯を固定する治療法です。

インプラントは、歯が抜けた部分にネジを埋め込み、ネジで顎の骨に固定して、その上に人工の歯を取り付けます。

土台となる歯が2年以上健康かなど条件付きで保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯を削らず影響がないインプラントにするか悩みますね。

費用の準備が大変という方は金融機関が取り扱っているデンタルローンを検討してみてください。

奨学金やデンタルローンなど各種ローンの支払いが何ヶ月も滞っている、滞らせていたという経験がある方、新しくローンを組みたいという時に審査に落ちる可能性が高いです。

というのもローン会社は、審査時に必ず信用情報機関にクレヒスを確認します。

支払いの滞りや未払いが残ったままと信用情報機関のブラックリストに載ることになります。

信用情報機関にはローンやクレジットカードの申し込み、契約時の情報、借入・返済が問題なかったかなどの情報が記録されています。

だいたい、申し込み・完済から5年が目安で記録されているようです。

歯が抜けてしまいインプラント治療を受けようとした時に「高額費用になるから」と歯科医院でデンタルローンを勧められたことはありますか?「ローン」とつくだけあり、必ず審査があります。

では、信販会社はどのような項目を中心に審査基準としているのでしょうか。

まず確認する部分は年齢です。

未成年の方が原則ローンなどを利用でいないため、親名義で申し込む、もしくは親や保護者の承諾書が必要になります。

他には、ローンや公共料金の支払い状況など、俗にいうブラックリストに記載されていないかを見られます。

また、ご自身に収入のない主婦の方も利用できますが安定した収入のある配偶者名義で申し込みをした方が通りやすくなります。

歯科治療をしていてインプラント治療を提案され、でも、高額な治療費を用意できない。

という時に歯科医院でデンタルローンの利用を提案されることがあります。

審査なしで利用できるローンはなく必ず審査があります。

では、取扱機関は申込内容のどこを主に見ているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方が申し込みをしても通らず、親の名義で申し込む、もしくは親や保護者から承諾書を提出してもらわなければいけません。

他には、ローン返済の延滞が繰り返されていないかなど、いわゆるブラックリストに載っていないかを確認されます。

また、審査結果によっては保証人が必要になることもあります。

ufjなど様々なカード会社が行なっているデンタルローンですがどういったものかご存知でしょうか。

歯医者で保険が適用されない治療が必要になった際に、準備の難しい金額を提示されてしまった。

そんな時に利用できるのがデンタルローンです。

大まかには住宅ローンや自動車ローンの歯医者専用バージョンと考えてもらえばOKです。

クレジットカードで支払うよりも低金利で利用できます。

クレジットカードとは違い、新たにローンを組むので審査が必要になります。

金利や手数料など、自分に合ったローンを探しましょう。

高額な買い物をする時に組むローンですがローンにどういった種類があるのかわからないですよね。

大きく分けて個人向けローンと事業ローンの2つになります。

事業ローンはその名の通り、会社や個人経営者に特化したローンです。

中には、名義人を法人名義で借りられるものもあります。

個人向けローンでは、カードローンや使い道自由なフリーローンなど、住宅ローンやデンタルローンのように制限したローンがあります。

デンタルローンなどの使い方を限定したローンでは、フリーローンに比べて金利が低く設定されていることが多いです。

子供の頃から歯並びが悪いことがコンプレックス、噛み合わせが悪くて治療したいという方は多いはず。

でも矯正費用って高額で自分にはできないと諦めている方、デンタルローンの利用を考えてみてはどうでしょう。

デンタルローンとは、利用目的を「歯科治療費」に限定したローン制度です。

ローンを取り扱う金融機関が患者に代わって治療費を立替払いし、患者はカード会社などに治療費+中長期にわたって分割で支払うローン契約のことです。

また、ローンを利用する際はローンに対応している歯科医院と対応していない歯科医院がありますのでご確認ください。

突然ですが11月8日は何の記念日かご存知ですか?日本記念日協会によると「いい(11)歯(8)並びの日」なんです。

そこで、歯に関するランキングを検索してみたところ、「実は人に言えない歯の悩みランキング」が発表されていました。

やはりといいますか、多くの人が歯並びに悩んでいるようです。

できれば治したいと思っている人も多いはずです。

では、どういった理由で治療をしていないのでしょう。

大きな理由の1つが高額な治療費です。

歯列矯正は自費負担になるため、躊躇してしまうようです。

そんな方はジャックスなどが取り扱っているデンタルローンの利用を考えてみてはどうでしょうか。

スポーツをする際に噛み合わせが悪いと、顔のバランスが悪くなり、筋肉のバランスが崩れるため、パフォーマンスが下がると言われています。

子供がスポーツをやっている親御さんは気になりますよね。

歯並びの治療には高額な費用がかかることが多いのでデンタルローンを利用して正しい体のバランスにして運動能力をフルに発揮させてあげましょう。

では、どういったローンがあるのでしょう。

一例を挙げると、クレジットカードで有名なオリコの場合では借入額は10万円から500万円、分割で支払う回数を6から60回で設定できます。

申し込み方法もサイト上で完結し、最短3分の審査時間と時間がかかりません。

希望に合うデンタルローン探しの参考にしてください。

「芸能人は歯が命」という言葉があるくらい芸能人の歯は白くて綺麗ですよね。

実は、ホワイトニングや審美治療を行えばあの白さが手に入るかもしれないんです。

専用の薬剤で白くする「ホワイトニング」は歯への負担が少ない一方、数年毎など定期的に施術しなければ元の色味に戻ってしまいます。

ホワイトニング以外の手法として最近、注目の審美治療があります。

「ラミネートベニア」と呼ばれる治療法では、歯の表面を削ってネイルのように薄い素材を貼り付けます。

「セラミック」と呼ばれるセラミックでできた歯をかぶせる方法があります。

セラミックはホワイトニングと比較すると耐久年数が長いですが費用は高くなるのでデンタルローンの活用をお勧めします。

噛み合わせが悪い、歯並びが悪くて人前で笑うとき人の目が気になるなど歯の悩みをお持ちの方もいます。

歯並びをよくしてコンプレックスから解放されてみませんか?でも、矯正って高額な費用がかかるイメージがありますよね。

デンタルローンを利用して分割払いという方法もあります。

提案されてすぐに歯科医院で申込みをするのって情報がうろ覚えだったり規約確認しておきたいしで少し抵抗がありませんか。

歯科医院で申し込む前に事前にwebで仮審査を行っておくのがおすすめです。

申し込みの流れとしては使いたいローンのweb事前審査に通過後、ローン提携している歯医者で再診し、正式に申込して完了になります。

高額な治療費がすぐに準備できない時に活用するデンタルローンですが、申込時に必ず審査があります。

他のローンと比べて審査基準は甘いのか厳しいのか気になりますよね。

本当のところ、他の住宅ローンや自動車ローンと審査内容はそこまで変わらないようです。

特に重視されているのが、ローンなので完済まで毎月の返済に無理がないかを判断するため収入が安定・継続しているかの部分です。

収入のない専業主婦の場合は、安定した収入のある旦那さん名義で申し込む、または、親族などの保証人が必要になる事があります。

使おうと思っている方は、ローン担当者の方に色々質問をしてみてください。

高額な治療費を請求された時に利用するデンタルローンですが、どんなカード会社や組織が行っているのでしょうか。

調べてみると、信販会社としてはアプラス、銀行機関としてはスルガ銀行が表示されました。

申し込み手順や分割回数など各ローンによって内容が違ってくるので、行っている病院が提携しているローンやそれ以外の各ローンの情報を集めて治療プランに合ったローンを見つけてください。

また、年間10万円以上の医療費がかかった場合、確定申告時に医療費控除が受けられるようなので、行政側の制度もチェックしておきましょう。

皆さんは歯医者を選ぶ時の基準はなんですか?実は、歯医者ってコンビニよりも多いって聞いたことありませんか?なので選ぶ幅が広すぎて選びにくいですよね。

そんな時に病院選びの参考にしているのが口コミサイトです。

行こうと思っている歯科医院の設備はどうなのか、先生はどんな人なのか初めて行く歯医者を選ぶ場合にはとても参考になります。

他の選び方としては、行う治療によって選ぶのもありますね。

例えば、歯列矯正を考えている場合では、治療前に先にネットで使いたいデンタルローンをそのローンと提携している歯科医院を探すなどです。

引用:スルガ銀行デンタルローンの審査は厳しい?人気の理由は?【申込みの流れ】