住宅ローン返済のシミュレーションとは?

住宅ローンを長年組んでいると、まとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が可能ですので、元の借入額を減らす事が出来ます。
元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが審査が少し変わっています。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
一般的な住宅ローンと一緒です。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金は一切かかりません!という広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

住宅ローン繰り上げ返済得